久保建築創造ラボ株式会社 久保 和奈利

久保 和奈利
 
久保 和奈利 久保 和奈利 久保 和奈利 久保 和奈利 久保 和奈利

インタビュー

iconお客様が心に描く建物を創造する
「 久保建築創造ラボ株式会社 」 の代表取締役社長・久保和奈利さん。
忙しいスケジュールに追われながらも職場では、常に笑顔を忘れない。
「 スタッフみんなとお酒を飲んでお話をすることが日々のモチベーションを保ってます 」 と笑顔を見せた。

2012年に鹿児島市卸本町に所在する 「 サウスこまどり保育園 」 を設計。
一般家庭の新築やリフォームも行っている。お客様の相談に幅広く耳を傾けるのが信条だ。

久保さんは、高等専門学校の出身。高等専門学校を卒業後、大手ゼネコンに入社し現場監督の部門に配属された。
関西地方に中国地方、海外へ赴任もし、幅広い経験をした。
そうした日々の中、常に思っていたのは 「 建築設計の仕事をやりたい 」 という熱い気持ち。
入社から6年勤め退社し、建築士になるために鹿児島の設計事務所に入社した。
久保さんは、 「 いつか独立したい 」 と野心を持ち、 「 自分で全てを判断してデザインしていきたい 」 という強い気持ちが独立への夢を支えた。そして、10年もの月日を積み重ね、2009年に鹿児島市名山町に 「 久保建築創造ラボ株式会社 」 を設立した。

設計で大事にしていることは、お客様の本当の気持ちを見抜くこと。
久保さんは、 「 0から100まで話す人はいない 」 と考え、相手の言葉を聞きながら相手が本当に求めているものを洞察することを大切にしている。
「 表面の言葉を鵜呑みして判断をすると本当の部分は見えてこない。言葉だけだと捉え違いの可能性がある。
言葉の背景も考えて、お客様の気持ちを察することが大切です 」 と真剣な表情で語る。
そして、お客様の要望を理解して設計に移る。設計の大変な部分は、 「 建物を0から創造すること 」 だ。
お客様の要望と照らし合わせながら、図面に線を引いていく。
久保さんの頭の中では、線と線が幾重にも重なり合い、1つの旋律のように建物が創造される。
線のそれぞれに意味があり、大事な役割がある。図面に表現される建物は、久保さんの意識の投影物そのものだ。

「 どの建物でもそうだと思うが、いい空間といいデザインは人が集まる。なおかつ、集まってきてくれた人が笑顔になる。
そういう建物を建築したい 」 これが、久保さんのこだわり。
多くの人の意見に耳を傾け、みんなの頭の中にある理想を形にする。
建築は、一人だけで作り上げることは出来ない。みんなの支えが助けられている 」 という久保さんの想いが心に伝わってくる。

今後は、海外での仕事も視野に入れながら、様々な商業デザインなど、業務の幅を広げていきたいと更なる発展を目指す。
建築を通して繋がる、 「 人々の和 」 を大事にしている。久保さんの設計する建物には、無限大の可能性が広がっている。

PICK UP Information
株式会社寺師 寺師 幸志 お客さまの 「 楽しい 」 に貢献出来る 「 楽しい 」 仕事を ...
有限会社千匠設計 岩田 幸千 世界に一つだけの一番好きな場所 「 我が家 」 を造るために
きりや愛誠 満塩 輝雄 お客様の喜びに誠心誠意、貢献したい。心に残る思い出を
株式会社ペインターかわさき 川崎 恭資 豊かな日常は 郷土・鹿児島を愛し、仕事を愛することで完成した
トコ・スナン 脇黒丸 洋子 「 神々の住む島、バリ島 」 魅せられた店主のこだわりのお店

SPECIAL LINK