有限会社APEX 堀切 千明

堀切 千明
 
堀切 千明 堀切 千明 堀切 千明 堀切 千明 堀切 千明

インタビュー

icon 「 1対1の完全個別授業 」 への徹底したこだわり。
代表取締役を務める堀切千明さんは一人一人の子供たちにもっと深く入り込みたいとの思いから、1対1の完全個別授業にこだわっている。できる環境は自分で作るしかない。
会社の名前 「 APEX 」 を文章にするとAttack with Powers and Eagerness for X。
力、学力、体力と熱意を持って未知なるXに向かって頂点を目指す。そのことからこの名を付けた。
APEXで使用する教科書は完全オリジナルで先取り主体の塾だ。復習は一切やらない。
早い子は学校の授業の2年ぐらい先取りしている。
高1で高校の授業が全て終わって、残り2年間は受験勉強をしていくスタイル。基本は全部先取りしていくのがAPEXスタイルだ。

堀切さんは大学受験の時に医者になるために医学部を目指していた。1浪で某有名大医学部に合格し、その後すぐ辞退した。
周りからの反対はすごかった。しかし自分で決めた道を変える訳にはいかない。医学よりも教育の道で生きていく人生をこの時にはっきりと決めたのだ。
小学生中学生の時に自分の夢に向かってハシゴをかける。そのハシゴを掛け間違えてしまうととんでもない方向へ行ってしまう。 「 まだ右にも左にも行っていない子供たちにまっすぐなハシゴを掛けてあげることが仕事だと思っています 」 。
「 自分の考えは曲げられない。いま思うと一生の仕事になったことをよかったと思います 」 と語ってくれた。

堀切さんの教育者としての生き方は決して順風満帆ではなかった。
10年続いているAPEXも6年ほど前が一番きつい時期だった。当時は鹿児島、福岡合わせて11校あった。
会社の社員に教室、生徒ごと譲った時があり、気が付けば19名の生徒と1校だけが自分の元に残った。
一気に収入は減り住宅ローンも払えなくなって借金も増えていった。
そんな苦しい時、堀切さんの思いはとてもポジティブな考え方だった。
どうせ貧乏なんだからとことんこだわってやろうじゃないか 」 。
それから考え方を変えて、生徒は1人でも多く欲しかったが飛び込みは全て断って、全て紹介制に変えていった。1対1の完全個別授業にもこだわってやった。それから口コミでどんどん紹介が増えていき今では240名の生徒数まで増えた。
当時を振り返り堀切さんは、 「 そんなつらい時期だからこそ、人のありがたみだったり、親切にしてくれた社長だったり、仲間だったり本当に感謝しています。自分の苦しい時を全部知っていますので本当にありがたいですし、何でも話ができる大切な仲間です。その方達がいなければ私の家族は一家離散でした 」 と大変だった時期に支えてくれた方達への感謝の気持ちを話してくれた。

今年の5月で10周年を迎えた完全個別指導のAPEX。
5月に関係者の方やお世話になった方達を集めてみんなの顔がちゃんと見えるようにと学校の中で10周年パーティーを盛大に行った。堀切さんは 「 人に祝ってもらえる会社になったんだ。いろんなたくさんの準備を社員やパートの方がしてくれてとても嬉しかった 」 。堀切さんはパーティーの中でAPEXのこれまでの10年間とこれからの10年間をみんなの前で発表した。

子供たちが自分の夢に向かってハシゴを掛けて登っていく。誰だって自分の頂に登ることができる。
その子供たちの夢へのハシゴが沢山束になり、堀切さんの描く夢の懸け橋になっていく。
堀切さんはこれからも教育者として前進あるのみだ。

PICK UP Information
株式会社BMソリューション 井手上 義彦 経営者のニーズにいち早く応え知識と経験を持って、経営のお...
特進スクール 前田 敏光 個別指導で基礎学力を積み上げ 学習面と精神面をバックアップ
きりや愛誠 満塩 輝雄 お客様の喜びに誠心誠意、貢献したい。心に残る思い出を
トコ・スナン 脇黒丸 洋子 「 神々の住む島、バリ島 」 魅せられた店主のこだわりのお店
鶴田酒店 鶴田 康三 「 まぼろしの五石橋 」 鶴田店主のこだわりが焼酎に現れ...

SPECIAL LINK